ジュリアン・クルトワ - Julien Courtois -  [ ロワール地方 トゥーレーヌ ]

- 二番通り酒店 -

“ジュリアン・クルトワ

畑に舞い降りた葡萄の神様...唯一無二の味わい。

とあるワイン生産者がジュリアンの元を訪問した時に「彼は畑におりてきた葡萄の神様のようだ」と言ったそうです。ジュリアン・クルトワという造り手をどう言葉で表現しようかと思った時に、私たちにとってもまさにその通りの印象です。大地のミネラル、自分たちでは掘り進められない大地の奥深くの味わいを感じるようなワイン。ジュリアンの父、クロード・クルトワのワインを飲んだ時も同じ感動を覚えましたが、ジュリアン・クルトワのワインは彼の人を映し出すように、さらにエレガンスな世界観が加わっているように感じます。不思議なオーラがあり、話しているだけで吸い込まれそうな魅力あふれる男性です。父クロードの元を巣立ち、自身のドメーヌを立ち上げたのは1998年のこと。誰もが目を惹かれる美しいエチケットは、彼のパートナーのエイディが描いたものです。エイディはニュージーランドの先住民マオリ族の出身。彼女もどことなく神秘的な雰囲気がありつつ、話すととても明るくてピュアな優しい女性です。ワイン造りの、そして人生のパートナーとしてジュリアンを支えています。二人の仕事は私たちがフランスで見てきた中でも一際丁寧だと感じるものです。畑一つ一つの葡萄の樹の手入れはもちろん、支柱や鉄線の管理、醸造所の隅々を見ても、彼らがいかに丁寧な仕事をしているかが伝わってきます。葡萄の収穫もエイディと二人だけで行うのは、彼らの徹底してこだわりを持った仕事についてこれる人を探すのが難しいからだと私たちは勝手に思っています。全ての葡萄の樹に二人の目が行き届いているのでは、と思うほど。彼らに育てられる葡萄は幸せでしょう。二人は現在4.5haの畑を持っています。ガメイ・ショードネやフラン・ド・ピエのガメイなど、同じガメイでも若干異なる葡萄や、ロモランタン、ムニュ・ピノ、ガスコンなどを栽培しています。二人が造るワインは、素晴らしい凝縮感とミネラルに溢れています。これもある人が表現した言葉ですが、「味蕾全体を刺激する葡萄のエネルギー」という言葉がぴったりです。彼らはフランス各地で行われる試飲会にもほとんど参加することなく、エイディと娘さんとの静かな暮らしを大切にしています。欲深さがなく質素な生活の中で、日々しっかりと畑仕事をこなしていく彼らの姿は私たちにとっても人生の模範と思っています。彼らと一緒に歩んで行ける事は、私たちにとって大きな大きな幸せです。

[ 戻る ]